リボ払いは地獄のはじまり!手を出してはいけない理由 

守る
スポンサーリンク

毎月の支払いを一定額に抑えられる「リボルビング払い」*リボ払い

一見、お得なように感じますが、使い方を間違えると何年経っても返済が終わらない、借金地獄に陥ります。

この記事では
・現在、リボ払いを使用している
・これからリボ払いでの返済を考えている
・聞いたことがあるがあまりよく知らない

こんな方にぜひ読んで頂きたいです。

仕組みを理解することで、カード会社の巧みな罠を回避しましょう!

では、解説します!

スポンサーリンク

リボ払いの恐怖

結論
手を出してはいけない理由

・リボ払いは金利が高い「借金です。
 およそ15%(サラ金の金利より高い)

借金がなかなか減らない
 →毎月の支払い額=元金+高金利(手数料)

リボ払いの仕組み

カード会社の罠

「お金がないけど買い物したい!」
というとき、毎月支払う金額を決めて支払える一見便利な方法です。

カード会社はあの手この手で勧めてきます。

・月々の負担を軽くできる!
・支払い額の確認を忘れがちな方も安心!
・好きなときに繰上決済できる!

*カード発行時、リボ払い使用の選択ボックスにチェックが入っているカード会社もある。

シミュレーションを使って解説

100万円の借金の支払い総額は?
金利15%で計算

初月の支払額 :
32,500円(内訳は元金20,000円+手数料12,500)
*手数料の計算方法は利用残高×実質年率÷12カ月

支払い回数 :
50回(4年2か月)

支払い総額 :
131.9万円(内≒32万円は手数料)

手数料32万円…
この4年の間に借入額を増やしてしまったら、もう借金地獄です。

どのカード会社のホームページにも、総支払額と月々の支払元金を入力すると自動計算ができます。

すでに使用している方も、これから使用を考えている方も期間や手数料を確認し、現状を明確に把握することが大切です。

失敗談 / 解決策

失敗談

私は20代前半に洋服や新しいスマホや外食等で散財し、気づいたときには、150万円の借金(リボ払い)を背負い、10年間苦しみました。

すでにリボ払いを利用している方、または、これから使用を考えている方は、支払い額と手数料を必ず確認してください!私はおすすめしません!

解決策

親/兄弟から借りる(親に毎月返す)
 *私も親に頭を下げて貸してもらいました。

限度額を上げて、カードの手数料を下げる
 例)
 ~100万円=12.5%
 ~249万円=10.5%
 ~349万円=8%

2社から借りている場合は1社にまとめる
◎銀行系カードローン
支払い残金100万円以上の金利
・三井住友ゴールドローン=10~12%
・三菱UFJ=10.6~13.6%
・みずほ=12%

まとめ

リボ払いは地獄の始まりです。決して手を出してはいけません!

もう利用している場合は、親族(親/兄弟)から借りて、今すぐに「完済」しましょう!

コメント