10ヵ月で-12kg!
体重が激減した3つの理由

サニーの休日
スポンサーリンク

今回の記事は、私の「体重」についてです。

昨年9月から10ヵ月でなんと
12kg減少しました。

はじめに結論を書いてしまいます。
変えたのは生活習慣です。
ありきたりですよね。

ただ、12kg減少した事実がありますので、

ダイエットしてるけど体重が変わらない
年齢とともに体重が増えてき
これからダイエットを始める

という方に向けて、私の過去10ヶ月の生活と
改善した理由の仮説について

なぜ体重が減少したのか
何をはじめて、何をやめたのか
どんな効果が考えられるか
再現性はあるのか

このような切り口で解説します。

科学的なことは専門家ではないので
わかりません
のでご了承ください。

さて、でははじめましょう!

生活習慣を変えた理由

私は20代から腰、30代後半から関節の痛みに
悩まされています。

骨格の成長はおよそ20歳で止まり、
その後、太ると負担が増えるようです。

昨年の6月から、主に腰痛と膝の関節痛で
休業せざる負えなくなってしまったので
痛みを緩和する目的で生活習慣の見直しを
はじめました。

症状へ直接効果があるのかは
わかりませんが、負担を減らそうと
考えました。

ここで恥ずかしながら、私の当時の体重を
紹介します。

平均体重から+12kg
そうなんです! やっと平均体重に戻れました。

目標は、20代の頃のさらに-7kgです!

次はいよいよ本題に入ります!

生活習慣の比較

9ヵ月前の私の生活習慣です。

①食生活
朝食
・時間がなくて食べれない(0kcal)
・コーヒー1杯(4kcal)

昼食
・おにぎり2つ(386kcal)
・菓子パン2つ(1050Kcal)
・コーヒー2杯(8kcal)

夕食
・ビール500ml(220kcal)
・芋焼酎200ml(146kcal)
・ごはん1杯(350kcal)
・味噌汁(30kcal)
・おかず(1000kcal)
・デザート(366kcal)

合計3560kcal(40代の平均は2650kcal)

その他の生活習慣
7時起床、2時就寝(5時間睡眠)
運動は全くしない

とこんな具合でした。

つづいて、現在の生活習慣です。

①食生活
朝食
・ごはん1杯(350kcal)
・納豆(40kcal)
・たまご1個(90kcal)
・バナナ1本(86kcal)
・ヨーグルト(84kcal)
・豆乳1杯(115kcal)

昼食
・おにぎり2つ(386kcal)
・コーヒー2杯(8kcal)

夕食
・ビール350ml(154kcal)
・ごはん1杯(350kcal)
・味噌汁(30kcal)
・おかず(1000kcal)
 *変わらず好きなものを食べる
・チョコレート1欠片(35kal)

合計2728kcal(以前は3560kcal)

その他の生活習慣
5時半起床、10時半就寝(7時間睡眠)
③・晴れた日は散歩40分
  (本業復帰のため、これからは減る)
 ・ストレッチ(毎日)

以前との比較
朝食なし→朝食を必ず食べる
1日のカロリー摂取量はおよそ800kcal減
800kcalって言ってもピンときませんね。
現在の朝食1食分と同じです。

早寝早起きになり睡眠時間も2時間増

③運動0→たまの散歩+毎日のストレッチ

体重が激減した3つの理由

私が効果があったと感じた3つの理由

食生活の改善
早寝早起き+睡眠時間の増加
毎日のストレッチ

まずは、食生活の改善について
毎日およそ800kcal減っている。
1ヶ月で24000kcal、うーんピンとこない。

実は摂取量より食べ物の方が効果がありそう
ではありますが、前述した通り、
専門家ではないので明確には言えません

私が大切にしていたのは朝食を取ることです。
まず、早起きしなければいけません。
そうです、次に解説する早寝早起きとの
相乗効果です。

朝食を取ることで胃腸が動きだし、
身体の代謝が上がります。
朝食抜きより多くのカロリーを消費します。
また、昼食で高カロリーの菓子パンを
2つもほおばることもなくなりました。

次に早寝早起きについてです。
朝食をとるための早起きします。
早起きするためには早寝しないといけません。

この早寝にも意味があります。
よく耳にするとは思いますが、
21時以降のカロリー摂取はダイエットには
大敵です。

22時~0時は体脂肪の貯蔵を促す
たんぱく質が最も働く時間だというのです。
この時間には布団に入ってしまいましょう。

最後にストレッチについてです。
ストレッチの効果と言えば、

可動域が広がる
むくみや冷えが改善
疲れ/痛みの緩和

このくらいかと思います。

前述の通り、私は持病があるので、
ダイエット目的ではなく、症状の緩和のため
実行していました。

毎日続けることで、痛みも軽くなり、
ベットで過ごす時間も減り
活動的になりました

ネット調べですが、寝る前のストレッチは
副交感神経が優位に働き、
快眠しやすくなるようです。

まとめ

全ての改善の目的は、持病の痛み緩和です。
また、休業期間中だったため、
継続的に実行しやすかったのです。

なので再現性については難しいと考えます。
どうしても夜型で働かなくてはいけない、
毎日忙しくされている、そんなあなたは、
同じ生活をするのは困難です。

ただ、あなたの生活をカスタマイズして
何か変える、挑戦することは可能です。
あなたに合った生活習慣を見つけてください

最後に健康はかけがえのないものです。
不自由な体になってはじめて実感しました。

大切なひとを守れない
自立した生活ができない
何より楽しむことが制限されてしまいます。

人生をより長く豊かに過ごすために
いつまでも挑戦をやめないでください。

影ながら応援します。

コメント