GIVE&TAKE まとめ
搾取され疲弊したあなたへ

自己啓発
スポンサーリンク

ペンシルバニア大学教授、組織心理学者の
アダム・グラント著

GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代
紹介します。

・ギバーになれ!
・ギブしろ!
成功者たちは口々にこう言います。

あなたはどう感じますか?
それは良いことだけど…
いいように使われるだけじゃないか
きっと裏切られてしまう
なにも返してくれなかったら

こんなふうに不安になったりしませんか?

確かにこの本では、与える人は搾取されると
言っています。

ではなぜギバーにならなくてはいけないのか

この記事では、人としてどうあるべきか
成功するギバーになるための方法
私の考えを含めて解説します。

この世界にいる3種類の人たち

3類類の特性を持った人がいます。

ギバー → 与える人
テイカー → 奪う人
マッチャー → 損得のバランスをとる人

この3種類は厳密な線引きがなく
シチュエーションによって変わったりします。

例えば、家族や友達といるときはギバー
会社ではテイカーといった様子です。

また、マッチャーにはされたら仕返すという
側面もあります。
そんな恐ろしいマッチャーですが、実は
全体の56%を占めるとう調査結果があります。
ほとんどの人がマッチャーなんです。

さて、1番生産性が高いのはどのタイプ
でしょうか?

1位 ギバー
2位 マッチャー
3位 テイカー
4位 ギバー

なんと最高の成績を出している人も
最低の成績を出しているのもギバーなんです。

では、なぜ成功するギバーとそうでない
ギバーがいるのか?
その理由について解説します。

成功するギバー / 疲弊するギバー

まずは失敗するギバーからです。
失敗するギバーに大きな影響を与えているのは
テイカーの存在です。

テイカーは自覚ある / なしにかかわらず
底なしに搾取していき、ギバーは何でも
引き受けてしまいます。

こんな人はいませんか?
頼まれると断れなくて自分の仕事が進まない
何でも先回りして世話をやく
便利屋として使われる

自己犠牲型のギバーは搾取され、
心は疲弊してしまいます。

そうなるとテイカーが1人勝ちしそうですが、
テイカーはマッチャーに弱いんです。

前述したようにマッチャーには
されたら仕返すため、復讐されてしまいます。

成功するギバーはゼロサムではなく、
プラスサムにできる能力があります。

成功するギバーになるポイント
まずは自分が自立することを優先
自分を大切にし、他人も大切にする
助けられたことを実感できる
自分で選んで助けることができる
 *誰かに強制されてはいけない

成功し合えるギバーを目指したいものです。

テイカーとどう向き合うか

ギバーの宿敵はテイカーです。
テイカーは与えても、感謝なんてしません。
さらに搾取することを考え、
むしろつけこんで攻撃したりします。

「嫌われる勇気」の記事でも紹介しましたが
他人をコントロールはできません。
変えることはできないんです。
つまり、離れるしかありません。

テイカーの見分け方は難しいようです。
人当たりの悪いゴリゴリのテイカーは
認識しやすいですが、人当たりのよい
テイカーは厄介です。

この本ではテイカーの見分け方
紹介されています。
参考にしてみて下さい。

SNSのアイコンを盛っている
偉い人に媚び、弱者を邪険にする
自慢話をする

こんな人に出会ったら真っ先に逃げましょう!

まとめ

成功するギバーを目指しましょう!

私は入社した会社も専門性が高く、
何のスキルも実社会で広く使えるような知識も
ありません。

そんなスキルなしの私でも
ギブできる
ことを考え、行動できると
信じています。

人間関係を広げる
 *違う知識を持った人をつなげる
向き合って話す
隠れた能力を褒める

スキルやお金がなくたってギブはできます。

また、見返りを求めることをやめました。
この本で書かれているように

「これだけしてあげたんだから
このくらいはしてくれるだろう」

そんな思い込みは、相手の気持ちや価値観を
無視しているだけでなく、
自分も疲弊してしまいます。
お互いにプラスではありません。

自分の気持ち大切にしている
だから相手の気持ちを大切にできるんです。

私はあなたを大切にします。 

コメント