初心者必見!
寝かせて増やす
インデックス投資

増やす
スポンサーリンク

インデックス投資をはじめましよう!

以前、「資本家なろう!」という
記事を書きました。

簡単に資本家になるといっても
右も左もわからない初心者には
どうしてよいものかわからないものです。

かくいう私も投資をはじめて7か月の
初心者です。

私も投資(株)への思い込みに偏りがあり
正しい判断ができずにいました。

よくわからないから怖い
お金持ちがするもの
ギャンブルだ
やってはいけないもの

知識のない私は、こんな風に思っていました。

この記事では
そんな私が何を学び、インデックス投資を
はじめようと考えたか
インデックス投資とは何か
また、その魅力について解説します。

インデックス投資とは

「株」は会社が事業のためのお金を集める
手段の1つであり、その事業がうまくいけば
株を持っている人(株主)にも利益を配分する
仕組みです。

株というと個別株を連想される思います。
会社単体の株を買い運用するのは
プロでも難しいと言われています。

理由としては
個別の事情は確証が持てない
大手でも潰れたり、不祥事がある
未来は読めない

なので、初心者が個別株に多くの資金を
投資するのはおすすめできません

それに対し、インデックス投資とは
株価指数(インデックス)と同じ値動きを
目指す投資方法
のことです。

ここでいう指数とは
いろんな会社の株価の平均です。

日経平均やTOPIX、S&P500、ダウ平均
といったものです。

例えば、S&P500は、アメリカの代表的な
500銘柄の株価を基に算出される指数です。

つまり、アメリカの会社全体を買うといった
イメージ
です。

この指数に連動するファンド(投資信託)を
買うことがインデックス投資です。

インデックス投資の魅力

ここではインデックス投資の魅力を
簡単に紹介します。

①少ない資金で投資できる
なんと100円から購入できるんです!
例えば個別株の購入する場合、
Appleは1株、数万円必要です。

②分散投資できる
個別銘柄に集中投資して
もし、その会社が倒産した場合、
資産は0になります。

インデックス投資では何十、何百、何千もの
銘柄に簡単に分散投資できます。
例えば500社のうちの1者が潰れても
0.2%の資産が無くなるだけ
で済みます。

卵はひとつのカゴに盛るな」という
有名な格言もあります。

③手間がかからない
広く分散されたインデックスファンドを
毎月、同じ金額を積み立てていくだけです。

④低コストである
アクティブファンドに比べて
運用手数料/取引手数料がかからない。

また、頻繁に売買を行わないため
売却時まで課税されない

つみたてNISAiDeCoなどの優遇税制の
対象になっているものもあります。

⑤初心者でも成績はプロ並み
上記の理由からリスクが低く負けにくい
投資法であるとお分かり頂けると思います。

投資の神様ウォーレン・バフェットも推奨
過去のデータから、15年以上保有すると
プラスの収益を確約される
と言われています。

私が投資をはじめた理由

上記の魅力もさることながら、
また、感情的な部分は別記事で書くとして

「世界は少しずつ良くなっているから」
これに尽きます。

長期の視点でこれまでの経済成長をみると
アジアの通貨危機やリーマンショックなどを
経験しながらも世界のGDPは約5倍に
拡大
しています。

ハンス・ロリング著 [FACT FULNESS]では
人間は悪いニュースに反応しやすいため
世界は悪くなっていると思われがちであるが
実際はゆっくりと良くなっている
紹介されています。

また、水瀬ケンイチ(@minasek)著
[お金は寝かせて増やしなさい]では、
人が豊かになりたいと思うことで
資本主義経済が長期的に発展する
人の未来を信じるということ
と説いています。

全世界経済の中心であるアメリカ
企業に分散して投資することは
とても理にかなっていると考えます。

まとめ

インデックス投資をはじめましよう!

インデックス投資には
たくさんの魅力があります。

少ない資金で投資できる
分散投資できる
手間がかからない
低コストである
初心者でも成績はプロ並み

以前、別に記事でも書きましたが
支出を減らし、生活防衛資金を確保した上で
余剰資金を最大化するために運用
開始することをおすすめします。

家計管理
生活防衛資金

また、ごく少額で勉強のために
はじめる
というのも推奨されています。

自転車ははじめからうまく乗れない
とよく例えられます。

世界はこれからも発展を続けます。
世界の平均寿命が高くなっていることから
医療や生活環境は日々改善していることも
わかりますし、人々の生活水準も確実に
高くなっています。

世界はこれからも良くなることを信じ、
私は坦々と続けていきます。

コメント